Monthly Archives: 11月 2019

バーチャルオフィスを選ぶ注意点、海外在住外国人として

 

株式会社を設立したいので、まずは定款作成、定款認証をしなければいけない。

 

定款を作るにあたって、まず「会社住所」がないといけない。

 

 

 

筆者が日本で株式会社を設立する理由は主に「代表名義」と「税金処理」の二つ。

 

つまり、領収書や請求書を発行する際に個人名ではなく、会社名で発行できるようにする。

また、毎年の確定申告は個人名で行うではなく、株式会社として行いたい。

 

 

そのために、従業員を雇うこともなければ、「執務スペース」「会議室」などの設備も要らない。

と考えると、「バーチャルオフィス」が一番いい選択肢となる。

 

 

バーチャルオフィスで検索するとたくさんの業者が出てくる。

さあ、どう選べばいいだろう。

 

 

 

筆者にとってバーチャルオフィスを下記の条件で絞って選んでいる。

  • 東京の住所
  • 海外在住者の申し込みはOK
  • 書留の受け取りOK
  • 住所のウェブ上テキスト表記OK
  • 郵便物の海外転送可能
  • 料金

 

 

 

筆者は日本に実家がないので、厳密にいうと住所がどこにあるか関係ないが、長く住んでいたのが東京だったので、環境に詳しい東京の住所がいいと思った。

 

もちろん、筆者は海外在住外国人なので、「日本在住者のみ申し込み可能」という条件があると申込できない。

 

そして、多くのバーチャルオフィスは書留郵便を受け取らない

これも会社代表が日本に住んでいる前提だ。会社の代表が日本に住んでいれば、書留を郵便局留めとし、直接郵便局に行って受け取ったり、自宅に再配達したりできるが、海外在住の筆者にはできない。

 

 

最も重要な条件は上記の三つ。

 

 

Continue reading

海外在住外国人は日本に行かずに日本の株式会社を作れる!

 

いよいよ海外在住外国人の筆者は日本で株式会社の設立手続きを始める。

 

 

筆者は日本に8年間住んだことがあるため、自分の名義で日本の銀行口座を所持している。

 

そのため、実に代行業者(司法書士や行政書士)に頼めば、日本に行かずに株式会社設立すべての手続きは遠隔操作でできる。

 

 

まず、書類は基本的にすべてネットで作れる。

「会社設立Freee」もしくは「ひとりでできるもん」などのサイトを利用すれば、定款から様々な届け出書類、申請書など煩雑な書類も簡単に作成できる。

 

 

難しいのは「本人が足を運ばないといけない部分」だ。

 

 

例えば、定款認証後に公証役場に行かないといけない。

また、会社登記時に法務局に行かないといけない。

 

この二つはネットで対処できないので、本人が行くか、代理人を立ててお願いするかしかない。

 

 

この部分もお金さえ払えば、代行業者にお願いできる。

そのため、会社登記のプロセス全体は代行業者にお願いできるわけ。

会社登記後の税務局や年金事務所への届け出ももちろん代行業者にお願いできる。

 

他に印鑑作成とかはアマゾンで注文できるし、代行業者にお願いすることももちろんできる。

 

 

Continue reading

日本法人設立へ

 

筆者が立てた会社「シドラマーケティング株式会社」は2015年6月設立以来、すでに4年5ヶ月が経った。

時間の流れはとても早い。

 

事業1年目の失敗を経て、今のキートスショップは運営開始して2年11ヶ月、もう来月で満3年!

ここまでやってこれるのは自分にとっても驚き。

 

 

そして、キートスショップの3年度目はフルタイム雇用を今月に実現した!

次の目標は来年の6月までに年度黒字を目指したい。

 

そして、来年の11月に二人目のフルタイム雇用を実現したい!(新目標)

 

 

目標が色々ある中、一つ処理しておきたいのは「日本での法人化」。

 

 

今までフィンランドではフィンランド籍の株式会社を持ち、日本では個人名義で運営してきた。

 

日本で個人名義で運営するのは可能だが、やはり不都合が色々生じる。

 

そのため、この年の冬に日本での法人設立を完成させたい。

夏だとツアーガイドで全く余裕が出ないので。

 

 

Continue reading

スポンサーリンク