行動こそ最も堅実で誠実なメッセージ

By | 2018/08/23

言葉だけになっていませんか?

口だけになっていませんか?

 

「なんでもやる!」

「頑張る!」

と、よく言ってませんか?

 

人が見ているのはあなたの言葉ではなく、あなたの行動です。

 

言葉と行動のギャップに人はすぐ気づくもの

最近に出会った二つの例を挙げてみます。

 

この間、ある方がキートスショップに打診してきて、写真がうまく撮れるので何かお仕事させてもらえないかと。

キートスショップでは写真を使う場所は商品写真、ブログ記事、SNSくらいです。

 

商品写真を撮るだけで商品サンプルの移動が必要だし、それほど写真のレベルは変わらないと思ったので、ブログの作成とSNSの運営をお願いし、相手からも快諾もらいました。

 

2ヶ月経ちました。

上がってきたのはブログ記事1本と毎日投稿というSNS運営の基本さえできていないSNS運営状況でした。

 

ブログやSNS運営に関しても特に報告もなく、SNSフォロワー数を上げる策もなく、SNSフォロワー数の変化も見れませんでした。

これ以上にその方の行動に積極的な変化が見れないため、理由をつけて仕事を終了させました。

 

「やってみる!」

と言っていたにもかかわらず、この仕事に対する行動には積極性を感じませんでした。

 

その理由には給料が安かったかもしれないし、やってみて想像とは違ったかもしれないし、もっとやりたいことができたかもしれません。

理由は何であろうか、行動がその結論を表しています

 

スポンサーリンク

 

もう一つの例は私が新規ビジネスを始めようとする時、ある方に話を持ち掛け、一緒にやらないかと聞いてみました。

「やろう!」という返事をもらい、場所の下見にも行きました。

 

しかし、下見の途中にもその後にもその方からの反応はほぼ何もありませんでした。

サービスの価格、内容の組み立て、集客の仕方、お客様に満足してもらうため何をやるべきかなど一切話が来ませんでした

 

その行動がはっきりその方からのメッセージを伝えています。

別にやりたくない

 

そのようなメッセージだったので、その方を置いておき、私は自分一人で進めました。

 

そして、数ヶ月で結果を出し、その方がこの結果を耳にしました。

「なんかあれば是非手伝わせてくれ!何でもやるよ」

と話が来たのです。

 

あなたならばその方に仕事を依頼できますか?

 

 

あなたの行動ほど強い言葉はない

結果的にどんなこともそうなんですが、行動が全てを言います

 

「やりたい」と言って、本当にやったか?

「頑張る」と言って、本当に続けてやっているか?

 

「やってみる」

「継続する」

この二つが行動の一番基本な部分です。

この二つができれば、あなたのメッセージは確実に届きます。

 

もし、あなたが新しい人と知り合ったとして、その人がどんな人なのかは是非その人の行動に注目してみてください。

その人の行動からその人の性格がわかり、その人の行動がその人のことを語ってくれます。

 

その人を信頼していいかどうかもその人の行動で簡単にわかるのです。

日本語の記事一覧はこちら

この記事いかがでしょうか。一つのシェアやコメントでも大きな励ましになります!



スポンサーリンク


日本語の最新記事


Please share your comment here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です