浮気がだめって「絶対」?

By | 2018/12/25

 

もはやこのブログ本来のテーマである「起業」と全く関係ないことですが、個人ブログなので、筆者の考え方をシェアしたいと思います。

 

今回は禁断なテーマ。

 

「浮気」ってしてはいけないの?

 

筆者の考え方について、結論から申し上げると、「条件付きで浮気はあり」と思っています。

 

その理由を説明していきます。

 

 

浮気はやり放題ではない

まず説明しないといけないのは、筆者が許している「浮気」は「やり放題」ではありません。

 

彼氏や彼女がいるのに、今日はあの人、明日はこの人と絶えず相手を変えていくということを筆者ははっきり言って嫌いです。

 

なので、彼氏や彼女がいるのに、みんなの前で他の男性や女性に明らかにアプローチする行為を筆者は好きになれません。

遺伝子を残す行為しか考えていない人間に到底敬意を払うことができません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

人生の最高な幸せを求めるのが最高原則

筆者が恋愛関係や婚姻関係について、最高原則としているのは「一生幸せになる可能性」です。

 

たとえ今彼氏や彼女がいても、見つけた新しい人と一緒にいれば、もっと楽しくもっと一生幸せになれる、なる可能性がとても高いと思うなら、新しい人を選ぶことに悪いことではないと思います。

逆になんで選ばないの?まで思います。

 

 

恋愛関係もしくは婚姻関係は本来二人で一緒に頑張らないと維持できない関係です。

しかし、二人の関係に貢献していないもしくは頑張っていない人がいるのもよくある話です。

なので、一人だけ頑張っていてもう一人は頑張っていないなら、頑張っている人が去っていくのは何も悪くないと筆者は思います。

 

二人の関係維持に努力していない人が二人のカップル関係が存在しているだけで相手の自由を制限する権利はないと思います。

 

 

こういう意味では、こういう条件では「浮気あり」と思います。

 

 

筆者は型にはまらない人間です。

型にはまるのが嫌いな人間です。

 

そのため、日本で就職するときに、自分で勝手にアピール書類を作って指定された書類以外に勝手に添付して送りました。

台湾で他の人と同じ人生を過ごすのが嫌いで台湾を出て日本に行きました。

日本で毎日人にペコペコして我慢して生きるのが嫌いでフィンランドに来ました。

 

 

恋愛関係や婚姻関係も同じです。

「形だけの制限」や「実質の意義を無視する」ことに理不尽を感じます

一回カップルになったら、一回結婚したら、もう永遠にその契約関係に束縛されないといけないと決め付けされるのが嫌いです。

 

そのカップル関係、婚姻関係の本質の部分を常に見つめながら、自分なりに二人の関係に貢献し、幸せなのかどうかを定期的に見直していくべきだと思います

 

自分の、一回だけの、大切な人生の最高な幸せが目の前に来たと思ったら、掴んでみない理由はないと思います。

 

 

 

 

「浮気させない」ではなく、「他の人を選ぶと後悔する」と感じさせる

浮気される人はとてもつらいでしょう。

 

しかし、筆者の考え方では、浮気される人にも責任があります。

その責任は「自分をより魅力的な人にしてこなかった」所にあります。

 

 

よくある話ですが、彼氏や彼女の携帯をチェックしたり、彼氏や彼女が一人で異性の友達と出かけしてはいけないなど、「浮気の可能性を潰す」行為はよくあります。

しかし、筆者の考え方では、相手の浮気をなくすには「相手の行動を制限する」ではなく、「相手に浮気すると後悔する」と感じさせるのが有効な正攻法だと思います。

 

 

たばこと火災を例として例えましょう。

たばこを吸うと火災が発生する可能性があります。

そのため、「たばこを吸う時にベッドの上で吸うな」、「たばこ吸ったらちゃんと火を消す」とかの対策を取ります。

しかし、根本的なことを考えると、たばこを吸いたくないと思わせればいいです。

たばこよりも魅力的なことを用意すればいいです。(たばこの中毒性の部分は置いておいて)

 

かごにいる鳥で例えましょう。

鳥に逃げてほしくないからかごに入れます。

それで鳥は永遠に逃げないと思いますか?

鳥は少しでもチャンスがあれば逃げるでしょう。

 

しかし、かごに美味しい餌を置き、暖かい巣も作ってあげて新鮮な水もいつも用意していれば、鳥はずっとかごにいたくなる可能性がぐっと高くなります。

もしかごから逃げたら、帰ってきても他の鳥が来て、自分がもうそのかごに戻れないリスクを感じてかごから逃げない可能性もあります。

 

 

筆者の考え方では、自分の相手に「自分と一緒にいるといつもとても楽しい」「他人と一緒にいるより、自分と一緒にいたいと思わせる」「他人と浮気すると、こんなに素敵な自分が失う可能性(リスク)を感じさせる」などの面から努力します

つまり、相手に「これはダメ」「あれもダメ」というのではなく、「相手がより楽しく感じてもらうために自分はこうする」「相手が他の異性のことを見ることすらないくらい自分が魅力的になる」ことを努力するのです。

 

(ちなみに、自分がとても魅力的になると、多くの人に好かれるようになるので自分が浮気しやすくなるかもしれません、笑)

 

 

そうです。

人間はいつでもどこでもそうなんです。

他人のこと何一つ変えることはできません。

変えられるのは自分のことだけです。

自分を変えなければ何も変わりません。

 

 

 

 

自分が海外に行きたいという自分の目的によって二人が遠距離になった場合、恋愛関係の維持にリスクが増え、結果的に浮気されたとなると、それは海外に行きたい自分に責任があると思います。

好き好きって言いながらもこまめな連絡も相手への関心も薄い場合、同じく恋愛関係の維持にリスクが増え、結果的に浮気されたとなると、それはこまめに連絡したり、相手に関心を増やす努力にしてこなかった自分に責任があると思います。

 

 

※もちろん、世界中に人間の数がとても多いので、理由なしでとりあえずたくさん浮気する人も少なくないと思います。こちらが何をやっても浮気する人からは遠ざかる以外対処法はありません。

日本語の記事一覧はこちら

この記事いかがでしょうか。一つのシェアやコメントでも大きな励ましになります!



スポンサーリンク


日本語の最新記事


Please share your comment here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です