次の夢 欧州留学(2)

By | 2014/03/14

そして、よく知られていない情報ですが、未だに学費の要らない国が存在している。

昔には、ドイツ、デンマーク、ノルウェイ、スウェーデン、フィンランドなどの国では外国人留学生に対しても学費を徴収しない制度を取っていた。

税金の払っていない外国人留学生に学費を払う理由がないことで、ドイツ、デンマークとスウェーデンが外国人留学生に学費の徴収を始めた。(国や学校によって大学生と博士は学費無料のコースもまだ残っているという情報もある)

理系出身の私が商科の起業学修士を英語で勉強できる大学を探し、下記の大学があった。

スポンサーリンク

スイス スイス連邦工科大学Zurich校(ETH)2年コース、年間学費約5万円

スイス スイス連邦工科大学Lausanne校(EPFL)2年コース、年間学費約5万円

ノルウェイ オスロ大学(The University of Oslo)2年コース、学費不要

ノルウェイ トロムセ大学(The University of Tromso)2年コース、学費不要

スウェーデン KTHロイヤル工科大学(KTH Royal Institute of Technology)1年コース、年間学費約170万円

スウェーデン ルンド大学(Lund University)1年コース、年間学費約140万円

フィンランド ユヴァスキュラ大学(University of Jyvaskyla)2年コース、学費不要

ルクセンブルグ ルクセンブルグ大学(University of Luxembourg)1年コース、年間学費約35万円

スウェーデンは学費かかるが、1年で修得できるので、生活費半減によって全体のコストはあまり変わらないため、候補に入れている。

ただし、非常に残念なことでオスロ大学の起業学修士コースは2014年から欧州以外の留学生を受け入れないことになった。(泣)

メールで聞いてみたら、「去年の応募が対応できないほど多かったので、教育資源を入学審査に大量に費やすべきではないと判断したため、今年は受け入れないことにした」と。

Page: 1 2
日本語の記事一覧はこちら

この記事いかがでしょうか。一つのシェアやコメントでも大きな励ましになります!



スポンサーリンク


日本語の最新記事


Please share your comment here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です