人間関係の束縛から解放しよう

By | 2018/12/13

人生の中で悩むことが多いです。

そのうちの一つ大きいな部分が「人間関係」でしょう。

 

筆者も同じく日々人間関係に悩まされ、どうすればいいかを考えています。

 

その考えている中で、「ベストを尽くす」「自分らしく生きる」「気にしない」3つのことが最も重要だと今思っています。

 

 

ひとにやさしく、自分に厳しく、ベストを尽くす

「ひとにやさしく、自分に厳しく、ベストを尽くす」というのは人間関係において最も根本的な原則だと思います。

 

スポンサーリンク

 

もちろん、人に無限にやさしくということではないです。

他人のために自分の家を売るほど筆者は人好しではありません。

 

客観的且つ合理的な範囲でできるだけ人にやさしくするということです。

同じ事で、客観的且つ合理的な範囲で自分に厳しくするということです。

 

人間関係において、この二つのことに対し、「ベストを尽くす」ことです。

 

ベストを尽くさずに「自分らしく生きる」だけ強調するのはただのわがままにすぎません。

 

筆者はよく言葉の内容ややることの中身を間違ったりします。

その時は謙虚に誠実に反省しなければいけません。

これはとても重要なことです。

 

 

自分らしく生きよう

筆者は常に想像し、あるイメージを作り上げようとしています。

「こういう人」になりたいなと。

この「こういう人」ってどんな人?

 

人によって人物像は違うでしょう。

その人物像がまだなければ探してください。

その人物像を作り上げてみてください。

 

そして、自分がその人物像に近づいていく中で自分に問いてみてください。

「これでいいんだろうか?」

「私はこれで(私の心が)自由に生きて行けるだろうか?」

 

完璧を求めてはいけません。

ある程度できていればそれでいいんです。

 

 

他人が自分に対する考えを気にしない

すべての人間に自分のことを好きになってもらうのは不可能です。

 

理屈的にはわかりやすい話ですが、心に受け入れている人は少ないです。

「誰かに嫌われても別にいいんだよ」

と心の中で素直にこう思える人はもしかしたら少ないかもしれません。

 

しかし、心の中で素直に「誰かに嫌われたって別にいいんだよ」と思えるようにならないと人間関係の束縛から解放されません。

 

そのために、下記のことを考えてみてくださいね。

 

 

本当に大切な人のことだけ気にする

ここで一つ大事な考え方を共有したいと思います。

 

「大事な人のことだけ気にしよう。大事じゃない人はどうでもいい」

 

 

人生の中ではとんでもない数の人間に出会います。

しかし、読者のあなたが今振り返ってみてください。

その中で「本当に大切な人」が何人いますか?

名前を挙げてみてください。

 

10人はいますか?

 

となると、それ以外の人間があなたのことをどう思うかはどうでもよくありませんか?

 

 

我々はよくどうでもいい人のせいで怒り、気分を害します。

 

例えば、交通ルールを守らない運転手や態度の悪い店員に出会うとその日一日気分が悪いでしょう。

自分のことを大切にしてくれない男や女とか。

 

実にどうでもいいです。

どうでもいい人間のせいで自分の気分を悪くするのは損以外の何のことでもありません。

 

そのように考えられるようになると、友達の中でも本当に大切な人は限られており、それ以外の友達があなたのことをどう考えたっていいんです。

気にする必要がないです。

 

もしあなたは既に「ひとにやさしく、自分に厳しく、ベストを尽くす」ができていれば。

 

 

スナフキンらしく生きる

筆者にとってスナフキンが筆者が目指す一つとても分かりやすい人物像です。

 

スナフキンは友達のことを大切にし、一緒に時間を楽しむことが大好きです。

その同時に自分一人の時間もとても大事にしています。

 

無理して誰かと仲良くなりたいとも思わないし、嫌われることも恐れないです。

 

このようなことこそ人間関係において自由になることだと筆者は思います。

日本語の記事一覧はこちら

この記事いかがでしょうか。一つのシェアやコメントでも大きな励ましになります!



スポンサーリンク


日本語の最新記事


Please share your comment here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です