フィンランド留学生受け入れへの心遣い(2)

By | 2014/08/27

次は、チューター制度だ。

チューターは全ての留学生に割り当てられ、主に入国直後から生活が安定するまでの期間の面倒を見るのだ。

入学合格許可が下りたら、学籍登録カードが郵送で送られてきて、このカードにメールアドレスなど個人情報を埋めて返送すると学校のシステムに登録される。

フィンランドに到着する2週間前から1ヶ月前くらいに学校はチューターを志望した学生らに留学生の連絡先を教え、連絡を取るように指示する。

そして、留学生の到着航空便、ユヴァスキュラに到着するバス便と住むアパート(事前にネットで予約)情報を入手し、アパートの鍵も事前に取得し、留学生が到着した当日にバス停でピックアップしてそのままアパートに同行してくれる。

スポンサーリンク

もちろん、生活用品の店の紹介、学校の授業の登録から銀行口座の開設、健康保険の登録まで、全て一緒に対処することができなくても情報をもらうことができる。

実にすばらしい制度だ。

国際学生部の秘書が3日前に、私のチューターは昨日の7月12日にそれぞれメールをくれた。(この文章が掲載される時は既に1ヶ月以上経つが。。)

私の到着日、時間を確認してくれ、ピックアップしてくれるそうだ。しかも、最初の生活用品の調達とキャンパスの案内もしてくれるそうだ。

s_IMG_0387

非常に安心且つ嬉しい制度だ。

日本もしくは台湾の大学も留学生にこのような制度を設けたらより国際化や外国人にやさしい環境を作ることができるのではないかと思う。

日本語の記事一覧はこちら

この記事いかがでしょうか。一つのシェアやコメントでも大きな励ましになります!


スポンサーリンク


日本語の最新記事


Please share your comment here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です